引越し前にNHKに連絡する


本社がある大阪堺市にて

一括見積もりなら

公式サイト>>

引越しする前にNHKに連絡

 

引越しの時は解約するのではなく、住所変更の手続きをしなければなりません。

 

引越しを機に解約を希望する場合はなかなか厳しいことを言ってきます。

 

つまりテレビを持っていくのかどうかです。

 

もっていくのであれば住所変更をしてくれということです。

 

テレビを処分したと言えばその証明書を提出しろということです。

 

NHKはテレビがないと言っても携帯のワンセグなどあれば受信契約の対象になるみたいです。

 

「テレビはなくてもパソコンなどの受信設備がありませんか?」

 

「テレビはなくても携帯などの受信設備がありませんか?」とか食い下がってきます。

 

ですからテレビがないと言っても何らかの受信設備があれば受信料を払う義務があると言ことらしいです。

 

「放送法の64条でいう受信設備はありません」というと端的に断ることができます。

 

ですから私は引越し先には放送法の64条でいうところの受信設備はないので解約したいと申請して受信料の解除届を送ってもらいました。

 

受信料を解除するには処分した証拠になるものも必要らしいです。

 

引越しの時にNHKに解約の連絡をしました。解約する人はNHKでは受信料を払いたくない人が連絡してくることが多いみたいでなんか、けっこう厳しい対応ですね。あまり感じが良くありませんでした。

 

引越しの時はNHKに届けておきます。

 

その方がスムーズに支払が行えますのでとても安心です。

 

ちょっとした引越しのコツですね。

 

テレビがなくなる世帯についても同様でテレビがなくなるのですから支払う必要はありません。

 

その旨をNHKに伝えて受信契約の解除をしておきます。

 

近年は受信料を支払いたくない人が逃れようと申請する人が増えているみたいです。

 

その為か、テレビのリサイクル券のコピーなど処分したことがわかる書類の提出まで必要です。

 

昔は電話で「テレビなくなったから解約届けを送ってー」っていえばすぐに解約届けを送ってくれたのですがね。

 

近頃はNHKさんもかなり懐疑的になりました。

 

受信料を払わない人が増えることを極端に嫌っているみたいです(^◇^)

 

 

 

 

定番の引越し一括査定サイト

引越し価格ガイド


公式サイトはコチラ>>>
アート引越センターやサカイ引越センターなどの有名引越し業者から地域の人気引越し業者まで200社以上の中から最大10社まで無料一括見積もりが可能です。

引越し侍


公式サイトはコチラ>>>
テレビのコマーシャルでも有名な一括査定サイトです。アート引越センターやサカイ引越センターなどの有名引越し業者から地域の人気引越し業者まで230社以上の中から最大10社まで無料一括見積もりが可能です。

 

 

 

引越し前にNHKに連絡する記事一覧

同じ市町村内へ転居する場合は転出届ではなく転居届になります。ですから転居届をだせば転出届、転入届の代わりになります。提出場所市町村役場提出期限新住所に移ってから14日以内必要なもの転居届 印鑑 身分証 ※国民健康保険被保険者証 ※国民年金手帳※該当者のみ引越しの時にしなければならないことは多いですね。各種の届け出にしてもうっかりと忘れてしまうと後で困ったことになります。もし子供さんが、学校に入学で...

他の市町村へ引越す場合は転出届を出さなければなりません。提出場所これまで住んでいた市町村役場提出期限引越しする日まで14日以内必要なもの転出届 印鑑 身分証 ※国民健康保険被保険者証 ※国民年金手帳※該当者のみ引越しの時にしなければならないことは多いですね。各種の届け出にしてもうっかりと忘れてしまうと後で困ったことになります。もし子供さんが、学校に入学できなかったり、大事な健康保険関係の保証が受け...

引っ越先の市町村役場には転入届を出さなければなりません。他の市町村へ引越す場合は転出届を出さなければなりません。提出場所新住所の市町村役場提出期限引越し後 14日以内必要なもの転入届 転出証明書 印鑑 身分証  ※国民健康保険被保険者証 ※国民年金手帳※介護保険受給資格証明書 ※年金証書 ※児童手当用の所得証明書※該当者のみ引越しの時にしなければならないことは多いですね。各種の届け出にしてもうっか...

運転免許の住所変更が必要になります。申請する場所新住所の管轄警察 運転免許試験場必要書類申請書免許証住所を証明するものが必要です。・住民票(コピーは不可、6か月以内のもの)  外国人登録証明書・健康保険証  ・印鑑登録証明書  住基カード(住所記載のもの)・公共料金の領収書 ・消印付はがき 運転免許証の住所変更は他府県へ転入する場合は申請用の写真が必要です。引越しの時にしなければならないことは多い...

公立の小学校の転校の手続き方法です。余裕をもって学校には転校することを連絡してください。できれば1ヶ月前くらいなら十分です。在籍している小学校から在学証明書と教科書給与証明書を発行してもらいます。引越し先の市町村役場にある教育委員会から転入学通知書をもらい転校先の学校を指定してもらいます。これらの在学証明書と教科書給与証明書、転入学通知書を新しい小学校に提出します。これで転校の手続きは完了です。い...

公立の中学校の転校の手続き方法はです。余裕をもって学校には転校することを連絡してください。できれば1ヶ月前くらいなら十分です。在籍している小学校から在学証明書と教科書給与証明書を発行してもらいます。引越し先の市町村役場にある教育委員会から転入学通知書をもらい転校先の学校を指定してもらいます。これらの在学証明書と教科書給与証明書、転入学通知書を新しい小学校に提出します。これで転校の手続きは完了です。...

引越しに伴い電気の利用をとめること。そして新居では電気の利用を始めること。の両方を行います。電力会社への連絡は電話かインターネットが便利です。電気の利用を停止することはインターネットなら停止する日の1ヶ月くらい前から可能です。同様に電気の利用開始もインターネットを利用すれば開始日の1ヶ月くらい前から可能です。詳細は該当の電力会社でお確かめください。引越しの時にしなければならないことは多いですね。各...

郵便物の転送依頼は最寄りの郵便局に転居届を出します。そうしますと旧住所あての郵便物等を1年間、新住所に無料で転送してくれます。郵便局の窓口に行き依頼します。インターネットからでも申し込めます。個人の転居の場合ご本人(提出者)と確認できる書類例)運転免許証、各種健康保険証など転居者の旧住所が確認できる運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード又は住民票等、官公庁が発行した住所の記載があるもの引越しの...

日本では住民の記録が市町村役場にある基本台帳にまとめられています。住民票は自分が住んでいる市町村役場又は特別区に自分の住所を登録しておくものです。住民基本台帳が各市町村役場にありまとめられています。外国人住民も住民基本台帳にまとめられています。基本的に住民の税金や選挙、人口の調査などと深く関係があります。必ず、日本国民は自分が住んでいる市町村役場には住民登録しなければなりません。引越しの際は転出届...

戸籍とは夫婦単位の家族の構成員から存在するものであります。新婚夫婦などは新しい戸籍が生まれることになります。一方の世帯主は住所が同一であればそのリーダーのものが世帯主になります。ですから同じ住所に住む2世代家族の場合は世帯主はひとりだけということになります。この場合は戸籍に筆頭者は2人います。世帯主はこのように実際のリーダーがなりますので、もし死亡した場合は交代しなければなりません。しかし戸籍の筆...

戸籍謄本とは、戸籍の内容の総合版です。基本的に戸籍の筆頭者とその構成員全員のことがわかります。よく似ているのですが戸籍抄本があります。こちらは戸籍の筆頭者と一部の構成員のことだけ書かれています。戸籍謄本と戸籍抄本の違いでした。戸籍謄本や戸籍抄本は本籍地に行かなければもらえません。引越しの時にしなければならないことは多いですね。各種の届け出にしてもうっかりと忘れてしまうと後で困ったことになります。も...

本籍と住所は違います。住所は実際に今住んでいる市町村の場所になります。本籍は日本国籍の方ならばどこでも任意の場所を選ぶことができます。本籍とは戸籍の所在地になります。住民票がある住民登録は住所の管轄になります。本籍は必ずしも住所と同じ場所にする必要はありません。しかし本籍を住所と同じ市町村にしておく方が必要な時でも直ぐに戸籍謄本を手に入れることができるので便利です。けっこうな割合で戸籍が必要になっ...

自動車の取引、不動産の取引、金銭の貸し借りなどでは印鑑証明の必要な取引があります。これらの取引には実印を使い印鑑証明を一緒に添付し取引が行われます。これらは本人が間違いなく押した書類としての効力を発揮する為です。これらの取引には十分に注意して行ってください。初めての印鑑登録は市町村役場に自分の印鑑を登録します。この登録した印鑑は実印になります。重要な取引の時は実印を印鑑証明付で使用することになりま...