ベッドの解体方法(画像付き)

ベッドの解体

 

 

ベッドは大きいので引っ越しの際には搬出、搬入がたいへんだと思われるかもしれませんがカンタンに分解できます。

 

マットレス以外はそれほどスペースを取りません。

 

念のために引越しの見積時に確認しておけばよいでしょう。

 

 

マットレスは大きいですがそれ以外は小さく分解できますのでひとりでも運ぶことができます。

 

マットレスは分解できませんのでマットレスは運ばなければなりません。

 

マットを運ぶ時に頭上の電灯などに当たらないように気を付けてください。

 

 

まずは解体の第一歩としてマットレスを外してみてください。

 

ベッドは枠組みで成り立っています。

 

プラスかマイナスのドライバーか又は6角レンチが必要です。

 

マットレスの下敷きを外すと両側の枠はそれぞれのネジを緩めるだけで簡単に外れます。

 

特別に我が家のベッドを分解してみましょう!

 

参考にしてください。

 

たいていのベッドの解体方法は同じです。

 

我が家のベッドも一般的なものです。

 

 

マットレスは通常は上から置いているだけです。↑

 

ただ重たいし大きいので持ち上げるのはけっこう大変です。

 

 

 

 

すのこも上から置いているだけですので外れます。↑
たいていすのこは2枚か3枚です。

 

 

真ん中あたりに針金の太めのような棒が1本入っています。

 

これもカンタンに持ち上げるだけで外れます。

 

外した後になくさないように注意してください。

 

 

 

↑4隅にこのようにネジがあります。
これらのネジを緩め、外すと分解ができます。

 

このベッドの場合は下の2本を緩め、上の1本のネジを外すと上に持ち上げることができます。

 

 

最後はマットレスですがマットレスはこれ以上は分解できません。

 

マットは大きく一番かさばる部分ですね。

 

もしマットを処分する場合は町のクリーンセンターなどに直接持ち込んでも良いでしょう。
車には乗らないかもしれませんね。
軽トラックが必要かもしれません。

 

クリーンセンターでもマットレスは金属のスプリングと布などのカバーに分けてくれと言われることがあります。

 

その場合は写真のようなカッターで布を剥ぎます。

 

この場合、簡単に剥げる場合と製造上、しっかり作ってある場合は時間がかかる場合もあります。

 

たいていはすんなり剥がれます。

 

最初にカッターで切れ目を入れると後はビリビリと励ぐことができます。

 

それの繰り返しです。

 

これでベッドの解体は終わりです。

 

基本的な仕組みはどのベッドも同じです。

 

 

 

 

今週中 引越し