世帯主と戸籍の筆頭者


本社がある大阪堺市にて

一括見積もりなら

公式サイト>>

世帯主と戸籍の筆頭者

戸籍とは夫婦単位の家族の構成員から存在するものであります。

 

新婚夫婦などは新しい戸籍が生まれることになります。

 

 

一方の世帯主は住所が同一であればそのリーダーのものが世帯主になります。

 

ですから同じ住所に住む2世代家族の場合は世帯主はひとりだけということになります。

 

この場合は戸籍に筆頭者は2人います。

 

世帯主はこのように実際のリーダーがなりますので、もし死亡した場合は交代しなければなりません。

 

しかし戸籍の筆頭者は死亡したとしても戸籍の筆頭者であり続けることができます。

 

 

 

引越しの時にしなければならないことは多いですね。

 

各種の届け出にしてもうっかりと忘れてしまうと後で困ったことになります。

 

もし子供さんが、学校に入学できなかったり、大事な健康保険関係の保証が受けられなかったりするとたいへんです。

 

それだけではなく選挙の投票などの問題もあります。

 

最初に引っ越した時は新しい市町村役場へ挨拶するくらいの気持ちで行くと良いでしょう。

 

そうすれば大事な情報は自然と集まります。